がん免疫細胞療法は、端的にいうと身体の免疫力を改善、強化し、がん細胞あるいは悪性腫瘍を小さくするもしくは排除を目的とした治療法です。
自己血の採血、細胞加工認定事業者において血中より免疫細胞を抽出、培養、大量に増やした免疫細胞を身体に戻す(点滴投与)というプロセスの治療となります。

がん免疫細胞療法は、免疫逃避機構が発現する前に

腫瘍が急激に大きくなる、あるいはがん細胞が転移するタイミング、いわゆる逃避相にあるがんは、免疫細胞からの攻撃を防ぐため免疫逃避機構を発現しており、このタイミングで単純にがん細胞免疫療法を行ってもなかなか効果は表れにくくなります。
身体の状態にもよりますが、がん免疫細胞療法は治療のタイミングが重要です。
免疫細胞の活動ががん細胞を排除しているタイミング、平衡相でのがん免疫細胞療法を行うことは理にかなった改善方法のひとつであると考えられます。

再生医療等の安全性の確保等に関する法律

ここでは詳細に触れませんが、がん免疫細胞療法を行うためには、再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づき、厚生労働省に提供計画を提出する必要があります。
詳しくはお問い合わせください。
これら煩雑な提供計画の提出手続きは弊社にて無償サポートさせていただきます。

導入

がんDNA血液検査、がん免疫細胞療法の導入には消耗品の購入以外の導入費用は不要です。設備投資の必要もありません。

お問い合わせ